マンション購入は住宅ローン選びからスタート

10年間金利に上限を設けているC公庫

各種組合が集まって作られたC公庫の住宅ローンもお勧めする金融商品の1つです。
C公庫の住宅ローンならではのメリットが4つあります。
1つ目、繰り上げ返済時の手数料不要な点、B銀行と異なり、対面であっても手数料不要です。
2つ目、団体信用生命保険が2種類から選べる点、具体的には「団体信用生命保険」「3大疾病保障特約・障害特約付団体信用生命保険」の2種類から選べます。
3つ目は「レディースパック」。
出産・育児・介護休暇中は利子だけの支払いが認められていますが、無条件に認められるわけではなく、返済期間全体を通し1回、更に最大1年間に限定している模様です。
諸々の理由によって現在はサービスを中止していますが、男性の育児・介護にも適用する等、適用条件を緩和して再開を望む所です。
4つ目は「LooF10」、新規借り入れから10年間の間、金利が一定以上に上昇しない様に上限を設けている全国でも珍しいサービスです。
具体的には変動金利の一種ですが、一般的な変動金利と異なり上限が設定されていて、上限を上回りました場合は設定金利、上限を下回った場合は現在の金利を適用しています。
また、金利がどれだけ上昇しても月々の支払い金額が今までの1.25倍を超えない様に調整しています。
10年間経過後は変動金利となりますが、再び新しい上限金利を設定して同様のサービスを受けることが認められています。
2013年9月時点の具体的な金利は1.350%、上限は3.200%です。
その他、全期間固定金利、期間限定固定金利、変動金利から選べます。
具体的な金利に関しては、変動金利が1.075%と最も安く、期間限定固定金利は1.250〜1.650%、全期間固定金利は1.900%となっています。
期間固定金利はマンション購入後一定期間(3〜20年間)の金利が固定されていて、一定期間終了後は全期間固定金利、期間限定固定金利、変動金利の何れかに移行します。

Copyright 2017 マンション購入は住宅ローン選びからスタート All Rights Reserved.