マンション購入は住宅ローン選びからスタート

長期ローンが有利な全期間重視プラン

Z銀行の「全期間重視プラン」は最初から最後まで1.550%前後低い金利で借りられます。
当商品もB銀行の「ずーっとうれしい金利コース」同様に返済期間前半と返済期間後半で金利に関するシステムが変わります。
気になる具体的な金利に関しては、変動金利を選ぶ場合、0.925%(2013年9月現在、以下同)です。
固定金利を選ぶ場合、固定期間は2〜20年、2年間固定金利を選ぶ場合は1.15%、以下、固定期間が1年伸びる毎に0.100%ずつ上昇してゆき、7年間は1.600%、10年間は1.700%、15年間は2.200%、一番長い20年間は2.500%の設定です。
類似商品であるB銀行の「ずーっとうれしい金利コース」と比較する場合、特に固定期間が長期になれば長期になるほど有利な設定になっています。
類似商品同様、金利の他に保障料金も必要になってきますから、借りる時に保障料金を前払いしなかった人は金利0.200%ぶん上昇しています。
また、保障料金とは別に3万1500円(固定金利は4万2000円)手数料が必要です。
当商品の場合、プラン変更時も一定金額の手数料を必要とするため、金利が低く設定されている反面、プランを変えない人向けの金融商品です。
借りる時の審査結果に応じて金利が±1.500%変動するシステムを採用していて、審査がギリギリの様なお客様は、返済困難化する事態に備えているのか金利が高くなります。
また、審査結果によっては借りられない場合もありますから、あまり無茶な金額を借りない様にしましょう。
その金利は毎月見直されるため、可能な限り低金利な時期に借りる方がお得ですが、いつまでも待っていると逆に金利が上昇してしまう危険性もあるため、ほどほどに抑えておきましょう。
固定金利期間終了後は以下の2種類を選択することが可能です。
変動金利に切り替わる方法の他、再び(新しい金利の)固定金利を設定する方法です。
この様な柔軟性が当商品のメリット、マンション購入時にお勧めします。

Copyright 2017 マンション購入は住宅ローン選びからスタート All Rights Reserved.