マンション購入は住宅ローン選びからスタート

10年間金利が低く設定しているプラン

B銀行の「ぐんとうれしい住宅ローン」に関し説明します。
この商品は固定金利か変動金利か尋ねられたら、一応、市場状況によって金利が変動しない固定金利の商品に該当すると言えば該当しますが、毎月の支払いパターンが変わっていて、返済期間前半と返済期間後半で異なる金利を適用しています。
住宅ローンを借りて一定期間(5〜10年)以内は金利が低く、その一定期間を経過した後は金利が上昇するシステムになっています。
2013年9月時点の金利に関しては、最初5年間が1.1%、それ以降3.3%になる形と、最初10年間が1.5%、それ以降3.7%になる形に別れます。
また、B銀行指定の団体信用生命保険(死亡時に住宅ローン残額が支払われるため、マンションを差し押さえられなくなる)に加入する場合、一定期間経過後の金利上昇率が0.8%に抑えられるため、例え10年間低金利を適用する後者の形であっても2.3%と低金利です。
しかし、B銀行の住宅ローンの特性上、これらの保険料の他に保障料金が必要になりますから注意して下さい。
この商品の返済期間は5年間〜35年間から選べます。
一定期間経過後に金利が上昇するタイプの金融商品のため、可能な限り短い期間で支払いを終える方がお得です。
初期の返済額が少なく済むため、将来的に収入が確実に上昇してゆく人、具体的には年功序列賃金が確定している教員・市町村職員・都道府県職員等にお勧めする住宅ローンです。
民間企業の場合、例え大企業の正社員であっても将来的に必ず給与が上昇する点は危ないですが、初期の金利が少なくなるぶん元金部分に金額を割り当てられるため、返済期間後半に発生する金利が少なくなります。
各種手続き時の手数料が無料な点、特定疾病時の保障が存在している点、出産前後は金利が0.2%低下する点、三菱東京UFJ銀行のATM利用時の時間外手数料が無料になる点は「ずーっとうれしい金利コース」と一緒です。

Copyright 2017 マンション購入は住宅ローン選びからスタート All Rights Reserved.